• 輸入住宅を建ててから後悔しないために

    輸入住宅は見た目も豪奢で、女性だけでなく男性でも住んでみたい家でしょう。1990年代後半くらいから、メディアでも多く取り上げられ人気に火が点きました。輸入住宅の特徴としては、販売されているものは北米や北欧などから輸入した断熱性に優れたところでしょう。

    さらに2×4工法は壁面やパネル状の建材を組み合わせて、壁や床で家を支えるので間取りが広く使えることもあげられます。


    輸入住宅で得られる満足感は、その外観が見せる豪華さや女性好みのかわいらしさでしょうか。輸入住宅のスタイルには幾つかの種類があり、アメリカンスタイルやスウェーデンスタイル、そしてヨーロッパスタイルには地中海地方の家をイメージしてデザインされたプロヴァンス風もあります。

    待望のリノベーションの浜松の輸入住宅に関連した情報が掲載されています。

    男性が好むスタイルでは、オールドイングリッシュスタイルやアメリカンスタイルがあります。


    どんなに良い家であっても、何かしらの欠点は存在します。

    お手軽の教えて!goo情報に対応した情報サイトです。

    輸入住宅では、その特徴となる気密性の高さが地域によっては問題となることがあります。

    特に湿気の多くなる日本の夏は、空気が家のなかに停滞してしまい壁にカビが生える危険があります。

    冬も注意が必要で、結露対策はきちんとしておかなくてはなりません。

    また金具ひとつ壊れても、近所のホームセンターでは取り扱ってはいないと覚悟してください。
    それと間取りがインチモジュールなので、既製品のカーペットではサイズが合わないこともありえます。
    リフォームしたくなった場合も間取りの変更が難しいとされています。